逆流性食道炎の原因となるストレスについて解説

逆流性食道炎ナビ

ストレスと胃腸への影響

医療

なぜストレスが胃腸に悪いのか

ストレスを抱えると、大きく影響を受けてしまうのが胃腸や食道です。なぜ影響してしまうのかというと、自律神経が関係しています。胃の働きは自律神経に関わっているため、ストレスによって自律神経が乱れるとダイレクトに胃腸や食道への不調へと繋がってしまうのです。ストレスを受けても胃腸への影響を少なくするには、食生活の見直しやタバコ、飲酒といった胃腸の機能を弱める原因を取り除くことで対策できます。

ストレスを受けないようにするには

ストレスに対してしっかりと向き合うことで、そのストレスを再び受けないためにはどうしたら良いか、といったことが見えてきます。また、ストレスを受けたとしても何らかの対処を見つけるなどして、ストレスに影響されにくい精神を作ることができるでしょう。なるべく、前向きな発想でいることがストレスに打ち勝つ近道となります。どんなことにも、良い面と悪い面があります。その悪い面ばかりを見るのではなく、良かったことも十分に受け入れるようにしましょう。

おすすめのマッサージ

ストレスと胃腸に有効なマッサージをご紹介します。
手の平にある親指と人差し指間のへこみを押してみてください。ちょうど気持ちいと思う部分があると思いますが、そこをマッサージすることによって、ストレスで影響を受けた胃の働きを改善することができます。
また、急激に胃が痛くなった場合には、手首から肘の方向に、指三本ほどの場所をマッサージすると良いでしょう。マッサージの方法としては、ぐっと押し込むようにゆっくりと行なうようにしてください。