逆流性食道炎の基礎知識について知っておこう

逆流性食道炎ナビ

逆流性食道炎の知識を深めよう

相談

逆流性食道炎の対策とは?

逆流性食道炎の症状があるけれど、放置しているという方も多くいるのではないでしょうか。確かに、それほどに苦しいというわけでは無いかもしれませんが、このような症状は無いに越したことはありません。ここでは最短で改善できる対策方法をご紹介しています。

READ MORE
医療

ストレスが胃腸に影響するのはなぜ?

よくストレスが胃腸に悪影響を及ぼすなんてことを耳にしますが、何故だか知っていますか?それは胃腸が自律神経の働きと大きく関係しているからなのです。こちらではストレス改善方法もご紹介しています。

READ MORE

逆流性食道炎とは?

ナース

胃もたれやゲップといった症状

逆流性食道炎になると、食事をした後に胃がむかむかしたり、酸っぱいものが胃から上がってくるような症状が現れます。最近では若年層でも逆流性食道炎になる方が多くおり、しっかりと対策を行うことで予防することができます。

胃の中が逆流する

逆流性食道炎になると、胃の内部の食べ物と胃液が食道に上がってきます。それは、胃と食道の間にある筋肉が衰えていることが主な原因です。そのため、高齢者に特に多くみられるとされていますが、近年では若年層の患者も増加しています。

若い人にもリスクがある理由とは?

若い人が逆流性食道炎になってしまう原因としては、便秘です。便秘により腸が他の臓器を圧迫する力が強くなります。胃が圧迫されることによって、内部の食べ物や胃液が食道へ押し上げられてしまうのです。

逆流性食道炎の予防のために

逆流性食道炎は高齢者だけでなく、若年層にも起こりやすい病気となっています。逆流性食道炎になってしまう前に、原因を理解し予防できるように努めましょう。

血糖値の基準値をチェック
基礎内容を事前に確認できる

逆流性食道炎の主な原因とは?

胃液の量が増えること

胃液の量が増加することによって、胃液が食道に逆流しやすくなります。胃液が増加する理由としては、ストレスをかかえること、脂質を摂りすぎることが挙げられます。

胃粘膜が少なくなる

胃粘膜は高齢になるほど、その量が少なくなります。胃粘膜が少なくなると、胃の内部が炎症を起こし、胃がむかむかするといった症状を引き起こします。

筋肉が衰える

食道と胃の間にある「下部食道括約筋」の筋力が弱まることが原因となることがあります。この下部食道括約筋が正常の場合、逆流を押しとどめる役割を担っていますが、高齢になることでこの筋肉が弱まってしまうことが多くあります。

便秘や肥満

便秘や肥満になると、腹圧が高くなることがあります。内部の圧力が胃にも影響を及ぼすことにより、逆流性食道炎を招いてしまうのです。

生活習慣の乱れ

ストレスは、胃に大きな影響を与えています。さらに喫煙や過剰な飲酒を行うことで、逆流性食道炎になりやすい体質になってしまうでしょう。